横浜の家族葬に見られる特徴とは

横浜は住宅地が高密度で、マンションが建ち並んでいますから、家族葬には会場を借りて執り行う特徴が現れます。戸建てが多く、家族を集めて葬儀が行える地域であれば、自宅で執り行われる可能性が高まります。しかし、この地域では、戸建てよりもマンションに住む人が少なくないので、小さな会場を借りるケースが増加しています。また、一時的に安置する意味でも、コンパクトな自宅は目的に適しませんから、葬儀は早めに準備を進めて済ませる、そういった傾向が特徴的です。一般葬であれば、会場の広さや立地を重視しますが、家族限定の場合は優先度が低いので、地域の会場が選ばれることが多くあります。小さな会場を求めるニーズが存在しますから、葬儀社は増えに増えて、選択肢が急激に増加している点が、他の地域とは異なっています。

横浜は自宅での家族葬が難しい地域

マンションやアパートを始めとした集合住宅は、移動にエレベーターや階段を使う必要があるので、葬儀会場には適していなと考えられます。それを裏付けるように、自宅で葬儀を行うケースは限られていますし、逆に会場を借りる場合が多数を占めます。近年は、介護施設や医療機関が充実した結果、自宅外で最後を迎えるケースが増えています。ここから自宅に戻るとなると、受け入れ準備が必要不可欠ですが、マンションやアパート等では、運び入れるだけでも高いハードルがあります。最後の最後まで、自宅に運ぶ方法が考慮されることはあるものの、実際は他の選択肢が選ばれるのが大半です。突然の不幸に加え、自宅で家族と静かに過ごせない状況は、時に冷静な判断力を失わせます。所がそれは、足元を見る業者が現れやすくなることを意味するので、落ち着きを取り戻し、妥当な金額の業者を選択することが重要となります。

横浜の家族葬は住宅事情から影響を受けています

集合住宅の多さは、現代の葬儀の方向性を定めたり、大きく変化させる切っ掛けとなっています。高層ビルが登場する以前は、戸建てや長屋が主流だったので、遺体を安置するスペースの確保ばかりか、運び込めないことはなかったといえます。住宅事情が変わったことは、従来の葬儀のあり方を一変させましたが、必ずしも理由はそれだけではなく、核家族化という要素も加わります。核家族化の進行は、一家族あたりの規模縮小を引き金に、集合住宅に住む住宅事情の変化を押し進めています。集合住宅の割り合いが高い地域は、小さな会場で葬儀を済ませる人が多い、そういった方向に変わりつつある事実が、理解を深める上で役立つポイントです。ただ、この変化は寂しい側面ばかりではなく、お得な市民向けの斎場が登場したり、高齢家族向けのサポートが充実する結果に至っています。