横浜で家族葬を行いたい人が知っておくと良い基本事項

神奈川県横浜市に住んでいて、葬式をする場合には様々なパターンがありますが、最近はやっているのはこぢんまりとした葬式になります。かつてはできるだけ多くの人を呼ぼうと血縁者のみならず、学生時代の同級生や会社の上司部下、近所の人など様々な人が参列したものです。ですが、結婚式などについても同様ですが、できるだけお金をかけずに地味に行うことがトレンドですので、もし葬式をする場面であれば、できるだけ地味に行った方がよいかもしれません。少なくとも亡くなった人がそれで文句を言うことはないでしょう。地味な葬式の一つに家族葬があります。このパターンは名前通り家族のみで行うパターンと、親せきを含めて行うパターンがあります。いずれにしても人数が限られてきます。ではどのような特徴があるか説明してきます。

横浜にはたくさんの葬儀業者がある

横浜に住んでいると、たくさんの葬儀業者があることがわかるでしょう。その中で大抵の場合は家族葬をとり行ってくれます。できれば家族のみで行う儀式について得意としているところや慣れているところを選んでみるとよいでしょう。突然の死でなければ、ある程度事前に亡くなる時期を把握できるはずです。例えば老人がなくなる場合は、事前に本人も交えることができれば本人も含めて相談に行った方がよいでしょう。もちろんまだ元気な時期にという意味です。この時にどのような内容になっているか、業者によく聞いてみることです。具体的にどのような話になるかは業者によって異なりますが、いずれにしても早目に行動することが大事ということです。もちろん当日になって変更する場合もありますが、それでもおおよその費用などは分かるはずです。

注意をしなければならないこととは

家族葬を行うときに注意をしなければならないところはいくつかあります。それは参加予定者以外の人が参加しようとしている場合です。どのような場合かといえば、もともと家族や身内のみで行う予定だったのにもかかわらず、昔お世話になった人がどうしても葬儀に出たいと言い出すことがあります。この場合は、状況によっても変わってきますが、丁寧にお断りをしても問題ないでしょう。家族のみで行う意図について正確に伝えれば納得してくれます。後日落ち着いたら線香だけでも上げに来てほしいと伝えれば納得します。問題は、当日になって連絡なしに来る人がいることです。相手は当然家族のみや親せきのみで行っているということを知りません。そういう人がいるかもしれませんので、引き出物は少し多めに用意をしておくべきです。