横浜の家族葬の基礎知識のまとめ

神奈川県横浜市は、神奈川県の県庁所在地であると同時に、複数の区を持っている市町村の1つであります。人口は100万人を超えており、観光地としても知られています。また古くから貿易の拠点として栄えてきたところですので、横浜には中華街など日本以外の文化がたくさんあります。このような個性のある横浜には、当然たくさんの人が住んでいます。たくさんの人が住んでいることによって、そこには冠婚葬祭が行われることが多くなります。当然、冠婚葬祭に関する業者も多いのが特徴ではないでしょうか。最近は高齢化社会が進み、葬式の問題があります。葬式に関しては、神奈川県に限らずさまざまに形を変えてきています。景気の良かった頃の日本に比べると、全体的に地味になってきているのが特徴です。ではどのような特徴があるでしょうか。

家族で葬式をするときに問題になること

家族葬は家族で葬儀を行うことを意味します。広い意味では家族のみでなく親戚も集めることもあります。地味な葬儀を行いたい場合は、家族3、4人で行うようにしますが、葬儀の意味を考えると、亡くなった人がいる言う事実を生きている人が受け止めるために行うものと認識されていますので、できるだけ親戚を含めたいと考えている人も少なくありません。もちろん、あまり費用をかけたくないとすれば、家族だけで行うと言う選択も悪くはないでしょう。ただし、費用に関してだけ言えば、香典がない分できるだけ人を呼んだほうが良い場合もあります。もちろんお葬式もそれに合わせて地味に行えば問題ありません。問題になりやすいのは家族ではないのに葬式に出たいという人がいることです。この場合はなぜ家族だけで行うかの理由を説明すれば十分です。

どれくらいの費用がかかるのか知ろう

家族葬にするとどれくらいの費用がかかるでしょうか。基本的に式場のグレードによって異なります。参加人数によっては小さな式場にすることもできますが、親戚を含めて行う場合には、最初は15人ぐらいで行う予定でも、30人ぐらいになってしまうことも珍しくありません。そこで、ある程度人数が収容できる式場を選んでおく必要があります。また、飾りもグレードがありますが、安いもので済ませようとすれば、可能になります。やすいグレードと高いグレードでは30万円ぐらいの違いが出ることもあります。火葬場についても同様になります。火葬場によっても異なりますが、3種類ぐらいはグレードがあります。焼き場が8箇所ぐらいならんでいるところは安くなりますが、2つしか並んでいないところは高いです。安く済ませれば100万円以内でそれなりの葬儀をとり行うことができるでしょう。